Menu

知っておきたいアニメーターという仕事

近年、アニメ映画を中心にヒット作に恵まれているアニメ業界の市場規模は2兆円を超えるといわれています。特に日本のアニメというのは国内のみならず、世界中に多くのファンがおり、今では国内外問わずアニメイベントも世界の各地で開催されています。そんな中、最近ではアニメの制作に携わるアニメーターという職業にも注目が集まっています。アニメーターとは、アニメのキャラクター、背景の動きなどを一枚一枚の絵に描いていく仕事で、アニメーターは主にアニメのシナリオや企画に沿った絵を支持道理に描いていく作画と呼ばれる工程を担当しています。また、作画を担当するアニメーターにはアニメーションの動きの中で重要な絵となる原画を担当する原画マンと、原画と原画の間に入る絵を担当する動画マンがあり、一般的に新人はまず動画を担当します。

アニメーターの仕事とはどのようなものか

アニメーターは動画がしっかりかけるようになると、徐々に原画を任されるようになっていきます。原画に携われるようになるには個人差はあるものの早くても2年目以降が多く、人によっては5年以上動画を描き続けているという場合も少なくありません。また、動画マンから原画マンとしても実力が認められると、動画マンや原画マンのリーダー的立場である作画監督の仕事を任されるようにもなるほか、基本的にアニメーターは作画がメインですが、徐々に現場での経験を積んでいくと中には制作進行や演出家など作画以外の制作工程の仕事に移る人もいます。作画から転向するケースというのは、本人の希望や適性だけではなく、その場その場の状況によるものも多いですが、よりスキル向上を目指したいと思っている人には誰にでもスキルアップできる可能性はあるといえるでしょう。

近年問題となっているアニメーター業界の現状とは?

中高生にも憧れの職業として人気のアニメーターですが、最近は過酷な労働環境が問題視されており、その深刻さはテレビ番組で特集が組まれるほどです。一般的にアニメ映画の制作を行う際は出版社やテレビ局、広告代理店などからなる制作委員会が発足し、チケットの売り上げやグッズ販売による収益金はすべて制作委員会に出資した企業に入ります。しかし、たとえどれだけ映画がヒットしたとしてもアニメーターの報酬額は変わりません。また、アニメ制作に携わるアニメーターのほとんどはフリーランスとして働いている場合が多く、アニメーターの収入は描いた原画分となる出来高制であるのが現状で、日本と同じく数々のアニメ映画のヒット作を出してきたアメリカのアニメーター平均年収と比べても日本のアニメーターの年収はアメリカの半分ほどと大きな差があります。