Menu

アニメーターの仕事の実際を解説

アニメーターは、アニメのキャラクターや背景などを1枚1枚絵に描いていくのが仕事です。1つのアニメーションを作るのには、シナリオや撮影、仕上げなどさまざまな工程がありますが、アニメーターが担当するのは作画と言われる部分です。作画をする時は、シナリオや企画に添った絵を指示された通りに描きます。アニメに使われる絵には原画と動画がありますが、原画はアニメーションが動く中でポイントとなる絵で動画は原画と原画の間をつなぐ絵です。アニメーターの現場には、原画マンと動画マンがいますが、新人の場合は動画マンからスタートします。脚本と演出家の描いた絵コンテを基に原画マンが動きの元になる原画を描き、原画と原画の間をつなぐ動画の枚数を指定するので、動画マンはその指示に従って描いていきます。

アニメーターの仕事のステップアップ

アニメーターになると最初は動画マンとして仕事をスタートさせますが、動画がしっかりと描けるようになると原画を任されます。原画マンとして仕事ができるようになるまでの年数は人によって違いますが、早くても2年目以降というのが一般的です。人によっては4年から5年動画マンとして仕事をしてからなることもあります。原画マンとしての仕事が認められるようになれば、作画監督と言って原画マンや動画マンのとりまとめ、リーダーのような仕事を任されることがあります。原画や動画は複数のアニメーターで描いているため、個人個人の癖や力量によって出来栄えにバラつきが生じてしまいますが、作画監督によって取りまとめられ、チェックを経て微修正されることによって、全体が統一感のある絵に仕上がっていきます。

アニメーターの給料や年収など仕事の実態

基本的にアニメーターの仕事はフリーランスが主流となっています。そのため、給料は歩合制が基本です。制作会社やスタジオに所属していたとしても、正社員や契約社員として雇用されていなければ、時給で給料が支払われる訳ではありません。こなした仕事に応じた報酬が支払われるという形態になります。仕事の単価ですが、テレビアニメの場合、動画は1枚150円から250円、原画の場合は2000円から2500円程度が相場となります。出来高制のため枚数をこなしていくことが収入アップにつながりますが、1日に作業できる枚数には限りがあるため、若いうちは収入が少ないのが現状です。経験を積んで原画を描けるようになり作画監督になれば収入も上がりますが、実力主義のため、仕事の速さや上手さなどは必須条件です。