Menu

アニメーターの仕事のメリットデメリット

これからアニメーターになる人は、この仕事のメリット、デメリットが気になりますよね。アニメーターの仕事のメリットは、自分の名前が、携わった作品にずっと掲載され続けること、そして、絵を描くという自分の特技、趣味がそのまま仕事になることです。自分の書いた絵が実際に動くのを見るのはとても楽しいし感動します。また、アニメーターのような技術職はフリーランスな働き方を選ぶこともできて、時間や仕事量を比較的調整しやすいというメリットもあります。反対にデメリットは、アニメーターを始めたばかりのころの給料が安いということ、業務委託契約のアニメーターは自分で確定申告をする必要があること、受注が多い時の休みが取りづらいこと、座りの時間がずっと続くので、健康維持や体調管理がしにくいことなどがあります。

アニメーターの仕事を目指すときの注意点

絵を描くことが好きだからアニメーターになりたいと思っている方に注意してほしいのが、アニメーターは絵を動かす仕事です。絵を動かすために何枚もの絵を描かなくてはいけません。アニメーターは絵を動かすことやアニメが好きな人に向いています。絵を描く方が好きな方が目指すのはイラストレーターなどです。自分はどちらが好きか分からないという方は、一度短いアニメーションを書いてみることをおすすめします。また、アニメーターの仕事も少しずつ変化し、最近ではパソコンでの作業をメインとした仕事も増えてきています。そのため、イラスト用のソフトの知識が求められることもあります。使うソフトが会社によって違い、時代によって、アニメーション技術も変わっていっているので、臨機応変に対応できる力が必要になってきます。また、3Dアニメーションの制作も増えてきているので、立体的な空間認識ができる技術があると強みになります。

アニメーターの仕事のやりがいとは

アニメーターは最初給料が低く、仕事内容などがハードなことが多いですが、続けていって自分の画力や絵を書くスピードなどの技術力が上がっていくと、仕事内容の満足度も上がり、やりたかった仕事ができて、収入も安定していくことがほとんどです。実力で勝負していく世界は厳しいかもしれませんが、その分実力が上がれば、一般的なサラリーマンとは違い、年齢にかかわらず自分の好きな仕事ができる世界です。自分の好きなことがやりがいのある仕事になるということは素晴らしいことですよね。アニメーターはその仕事につくことよりも続けることの方が大変とも言われていますが、絵を描くという仕事は誰にでもできる仕事ではありません。メリット、デメリットをきちんと踏まえた上で、ぜひ上を目指して感性を磨いてみてください。