Menu

アニメーターになるためにしておきたいこと

アニメーターになりたいという方たちにとって大切の能力のひとつは画力です。画力に必要な物のひとつに観察眼があります。絵が好きな方、アニメが好きな方が目指す職業のひとつですが、好きな絵を模倣したり、スケッチに出かけたり、ひたすら絵の向上のために筆を動かすことが好きな人にとっては、当たり前のことですが、止まっている物を書くだけでは無く、動くものをいかに本物以上の臨場感を持って伝えるかがアニメです。アニメは日常からありえない非日常を独特の表現を持って世に出す仕事ですから、現実の臨場感を伴わなければ、綺麗な絵で終わってしまいます。もちろん綺麗な絵も大切ですし、そのような表現力も大切ですが、食べる時、走る時、その動きや表情を観察し、認識することで表現することができます。

アニメーターになるために専門学校は必要か

絵を描くことが好きな方、アニメが好きな方にとっては憧れの職場であるアニメーターですが、最近は専門学校も多くなってきました。ただ専門学校に通ったからといって、その職に就けるわけではありませんし、絵がうまい方は、学校に通わなくても、直接スタジオに持ち込んで面接を受ける方法もあります。実際、資格が必要な職業ではないですから、まずは基礎的な画力と情熱が必要ともいえます。ただ先輩にデッサンを教育してもらえる職場ではなく、基礎的な物は出来ていることが前提ですから、就職を本当に希望しており、かつ即戦力となりたいと思っている方は学校に通って、先生から基礎を教えてもらう事は非常に有用です。また学校に通うことで、通常募集をかけていないアニメスタジオから声をかけてもらえることもあります。

アニメーターになるために必要な覚悟と貯金

アニメが好きだけど、アニメーターにならない方たちの理由のひとつにお給料の問題があります。最近は環境改善の動きもあり、社員として雇い、保障なども付けて雇うアニメスタジオもありますが、ほとんどが歩合制となっています。ですから絵が下手な最初のうちは書いてもお金にならないということもありえます。早く絵がうまくなり、認められ、さらに上のお仕事である原画や監督になれれば良いですが、やりなおしばかりの仕事では生きていくことができなくなります。そのような状態で辞めていく方も多いようです。スタジオに入ることができても、続けていけなくなります。そうならないように、現実に向き合う覚悟と貯金をしておくこと、この二つは必要だと思います。また年齢制限がある場合もありますので、入りたいスタジオがある場合は、確認も必要になります。