Menu

アニメーターとはどんな仕事なのか

アニメ制作をする上で重要な職業に、アニメーターという職業があります。アニメーターは、アニメーションの中でキャラクターや背景に動きを付ける為、一枚一枚絵に描いていくというのが仕事です。一つのアニメーション作品を作り上げるには、企画をしてシナリオを書き、作画をして仕上げ、声優さんがキャラクターに声を吹き込み、そして撮影をするといういくつもの工程を経て完成します。その中でアニメーターは作画を担当していますので、この仕事がなければアニメーションは成立しないと言っても過言ではありません。作画をする時には企画内容とシナリオに基づき指示に沿って描いていくのですが、描く絵には原画と動画の二種類があります。原画というのはアニメーションの中で動きのポイントとなる絵で、動画というのは原画と原画の間に挟めていく絵の事を言います。

アニメ制作の流れはこのようになっている

原画マンの指示に沿って動画をきちんと描けるようになると、そこから原画を任されるようになっていきます。原画の仕事に携われるようになるまでの期間は個人で違ってきますが、早くて2年目以降から長い人だと4年から5年は動画を描いているという場合もあります。更に原画マンとしても実力が認められると、その上の「作画監督」となり原画マンや動画マンのリーダー的な立場になる事ができます。原画や動画というのはアニメーターが複数人で手分けして描いているので、描く人個人の作画の癖が出てしまうことや、力量によって絵にバラつきが出てしまいますが、それらを作画監督が最終的にチェックして微修正をする事で、仕上がりが統一感のあるものになります。このようにアニメーターは作画がメインの仕事ですが、本人の適正によっては演出家や制作進行などへ移る人もいるので、様々な選択肢があると思っていて下さい。

アニメーターのステップアップには原画を描ける事

原画マンの指示に沿って動画をきちんと描けるようになると、そこから原画を任されるようになっていきます。原画の仕事に携われるようになるまでの期間は個人で違ってきますが、早くて2年目以降から長い人だと4年から5年は動画を描いているという場合もあります。更に原画マンとしても実力が認められれば、その上の「作画監督」となり原画マンや動画マンのリーダー的な立場になる事ができます。原画や動画というのはアニメーターが複数人で手分けして描いているので、描く人個人の作画の癖が出てしまうことや、力量によって絵にバラつきが出てしまいますが、それらを作画監督が最終的にチェックして微修正をする事で、仕上がりが統一感のあるものになります。このようにアニメーターは作画がメインの仕事ですが、本人の適正によっては演出家や制作進行などへ移る人もいるので、様々な選択肢があると思っていて下さい。

アニメ業界のヒットメーカーのアニメーターを特別ゲストとして招くこともあります。 脚本・絵コンテ・演出関連、キャラクターデザイン・作画関連、音楽(劇伴・アニソン)制作関連、声優関連など、アニメ制作に携わりたいアニメーター志望の人必見です! 脚本やキャラクターデザイン、音楽制作、声優など様々な分野のセミナーを予定しています。 アニメーターを目指すなら、アニセミの申し込みに急げ!